2018/8/5  第22回野外学習

2018-08-08

全国各地で観測史上最高気温を記録する猛暑の夏、第二十二回てらしん野外学習が行われました。今回は「川遊びとカレー作り」です。いつか全員参加でできたらいいなと思っています。

天気は快晴、絶好の川遊び日和となりました。幡多青少年の家からバスで迎えに来ていただき、塾から青少年の家に向かいました。着替えをして、15分ほど歩いて河川プールに到着です。炎天下を歩いたので、早速プールに入りました。20分ほどするとただ泳ぐのには飽きたのか、前回の川での野外学習と同様、みんな網で魚を取り始めました。

そこで3チームに分かれて取った魚の大きさを競い、先生から商品を出すことになりました。
みんなみんなひたすら顔を水につけて魚取りに没頭しています。審判になった先生はひたすら待ちの状態です。商品目当てではなく動物の本能で狩りをしているようでした。

みんなが捕まえた魚はハゼです。1位はHちゃん(小6)、Yちゃん(小5)、Mちゃん(小5)チーム(大きさは13cmほど)、2位はW君(小6)、K君(小3)チーム(大きさ11cmほど)、3位はYちゃん(小6)、Mちゃん(小6)チーム(大きさ5cmほど)という結果になりました。Hちゃんはお兄ちゃんのT君が考えたという方法で、一人で10匹以上捕まえていました。

川遊びを終えたあとは、青少年の家にもどってカレーづくりです。先生がおやつタイムを取るのを忘れていたので、みんな腹ペコ状態でした。男子は火おこし、女子は野菜を切る担当となり、急いでカレーを作ります。今回指導してくださったのは、なんと以前に具同小にいらっしゃった林先生でした。偶然にも参加した全員が具同小なので、慣れ親しんだ先生から楽しく指導を受けることができました。順調にカレーができ、みんなでおいしく食べました。

食後はかき氷を食べながらみんなで一音ずつ歌を歌ったり、しりとりをして盛り上がりました。最後はW君が輪投げの棒のように浮き輪を重ねられて終了となりました。いつもは教室で勉強している仲間ですが、教室の外で会うと、また違う一面を見ることができます。非常に楽しいひとときでした。次回は来年の3月頃に行う予定です。