合格体験記

手に入れた合格を糧に大きく成長し、また顔を見せに来てください。
応援しています。

2018年度

2018 国立高知高専合格 T・T君


僕がこの塾に入塾したのは、小学六年生の頃でした。僕には兄がいて、兄もこの塾に通っていたので僕も入ることになりました。当初は勉強に対してそんなに興味はなく、なんとなくで入った部分もありました。しかし、問題を解いているうちに勉強に対して興味がわいてきました。それに加えて、数学の問題を解いていくことが楽しくなってきました。
また塾では、難関高校の入試問題もたくさん解いていたので、実際の入試の時もあせることなく解くことができて合格することができました。おそらく、僕が塾に入っていなければ一人で勉強をするしかなく、分からないことはそのままにしていたと思います。でも、この塾に入ったことで何をすればいいのか分からない受験勉強も的確に導いてくれるので、着実にレベルアップすることができ、自信がすごくつきました。てらしんへの感謝の気持ちを忘れることなく、高校でも地道に頑張っていきたいと思います。


2018 広島工業大学合格 T・N君


僕がてらしんに入ったのは、高校2年からです。それまでは、中学の間と高校1年まで宿毛の〇〇塾に通っていましたが、父がてらしんをすすめてくれて、〇〇塾をやめてまでしててらしんに入りました。入ってから、授業の始めに確認テストや月例テストをしながら、塾から与えられたテキストや問題集をやってきました。学校で習うものより難しくて自分のためになったと思います。定期テストの時にはテスト勉強の時間を与えてくださったので、先生には感謝しています。僕は高校に入った時から大学進学を考えていたので、学校だけで学ぶよりてらしんも含めて今までやってこれてよかったです。おかげで大学に合格できたと思っています。


2017年度

2017 県立中村中学合格 N・Dさん


私がてらしんに入ったのは、小六の初めごろです。はじめは勉強で分からないことも多かったけど、細かいところまで教えてくれました。難しい応用問題も、少しずつ解けるようになってきて、勉強が楽しくなりました。受験勉強としてやった適性検査でも、難しい問題があったけど、週テでやったことを思い出しながらできました。作文の練習ではいろいろなテーマで作文を書いて、どんなテーマでも自分の考えを持つことができるようになったと思います。受験勉強としてやったことの他にも、週テなどでコツコツと積み上げてきたことも、とても役に立ったと思います。また、受験だけでなく、学校のテストでも、前よりも点数が良くなりました。
私はてらしんに入ってよかったと思います。おかげで勉強も楽しく感じられるようになったし、少しずつでも分かることを増やしていこうと思えるようになりました。


2017 県立中村中学合格 H・S君


僕がこの塾に入ったのは、六年生の四月でした。この塾に入るまでは公文で数学と国語を習っていました。公文を習っていたので県中は合格するだろうと受験を軽い気持ちで考えていました。けれど、六年生になり一緒に受ける人たちが受験勉強を必死にやるようになりました。ぼくも公文だけでは合格するには無理だと思い始め、進学塾のてらしんに行くようになりました。
塾に入ったときは週テもすごく難しい問題ばかりでほとんどあきらめていました。夏休みは夏期特訓に行ったけれどあまり変化はありませんでした。やる気が入ったのは11月でした。本気で受験のことを考え始めました。このままでは絶対に無理だなと思い、本気で取り組みました。冬期特訓も全力で頑張りました。受験本番はすごくきんちょうしました。本番では今までやってきたことは精一杯出し切りました。合格発表はすごくドキドキして行ったけれど合格していたのでよかったです。


2017 県立中村中学合格 S・Oさん


私がてらしんに入ったのは小学六年生の六月でした。多分「受験生」にしては、おそいほうだと思います。私は勉強はキライではないのですが、自分からやろうというタイプではありません。てらしんは、他の塾より少しハードなのは知っていたし、宿題が出ることも知っていました。でも、なんとか自分なりにスケジュールを組んで宿題をやるようにしていました。
入ったばかりの頃は(この塾は私に合っているのかな)と何度も思いました。でも、もし受験に失敗するなら、今の自分がヤれるところまでヤりきって落ちる方がいいと思いました。作文だって、先生からは「上手」とほめられることが多かったけど、実際は苦手でした。漫画しか読まない私が作文が出来るかなと不安でした。でも本番では、作文のテーマは難しかったけど、塾で習ったことを生かして、一番の自信作だったと思います。先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。


2017 県立中村中学合格 T・Oさん


私がてらしんに入ったのは小学五年生の時でした。はじめは宿題の量が少なかったのですが、六年生になると宿題の量が増え、作文など全部で六つになりました。
その中で一番くせんした宿題は作文です。わたしは作文が大のにがてで、一番最初の題「将来の夢」には三十分~一時間かかりました。作文の宿題はその週だけかと思ったけど、受験の日まで毎週つづきました。作文の条件は三つあり、字数や構成などとても難しい条件でした。でも、毎週書いているうちにだんだんなれてきて三十分~一時間かかってやっていた作文が五分~十分でできるようになりました。そして、試験の日もすらすらと作文が書けました。これはてらしんのおかげだと思います。週テの直しで分からないところがあっても分かりやすく教えてくれてとても分かりやすかったです。ありがとうございました。これからもよろしくおねがいします。


2016年度

2016 ラ・サール中学/愛光中学/岡山白陵中学合格  T・M君


この合格体験記がこれから受験をする人の役に立てれば幸いです。
ぼくがてらしんに入ったのは四年生の春ごろでした。(てらしんに入る時点で志望校は決まっていました。)
入ってすぐの週テストでは、下位ばかりで自信をなくしていましたが、勉強方法をかえ、週テストでは四年生のときに六年生と互角に戦えるようにもなりました。その時、ゆっくりとマイペースに勉強していたらテストの点はのびない、質と量の両方を持った勉強が必要だと考えるようになりました。
入試問題を解きだした小六の夏、先生に「ゲームをやめないと合格できない」と言われ、ゲームをやめ、勉強を今まで以上にがんばりました。そして、岡山白陵、愛光、ラ・サールに合格することができました。
全国最難関中学を受験する人が少ないという厳しい土地環境の中、最大限にぼくをサポートし、「コツコツ」の大切さを教えてくれた先生方、ありがとうございました。


2016 愛光中学/岡山白陵中学/土佐中学/済美平成中合格  F・Mさん


私がてらしんに入塾したのは四年生の春頃でした。兄姉は市外の学校に入ったので、私もふつうにやっていれば受かるかなと、簡単に思っていました。でも、そう思っていたのは最初だけで、ふつうじゃ受からないことに気付き、がんばろうと思った時に友達ができ、同じ学校に行くという目標ができ、がんばれました。
でも、やっぱり受験する人は少なくて、周りと違うことをしているという自覚がもてずにいました。そんな時、先生に「このままじゃ受からん。」とか「もっと一生けん命せなあかん。」などと言われ、心の中で(そんなことを言われても)と思ったりもしていました。それに受験でつかれていたので、人と比べられるとやる気がうせて、受験をやめたいと思ったりもしました。今は、先生にしたら人と競って私にがんばってほしかったのかなと思っています。(なぜ分からなかったのかふしぎです。)
先生のおかげで、受けたところは全て受かりました。本当に熱意をもって指導してくれてありがとうございました。中学からも、三年間の中で学んだことを生かしてがんばりたいです。


2016 土佐中学合格  K・M君


ぼくがこのじゅくに入ったのは四年生のころです。はじめのころは
「うわっ、こんな問題できるかな」
と思いましたが、先生方のていねいなご指導のおかげで、少しずつ分かってきました。
最初のほうは、いやいや行っていましたが、五年生の時から、どんどん分かっていくのが楽しくて、じゅくがとても楽しくなりました。でも五年生の時に、宿題をサボってしまいました。でも、親が「次からは忘れんようにしよう」とはげましてくれたため、やる気に火がついて、それからはあまり忘れなくなりました。
ぼくがこの受験生活の中で学んだことは、毎日何かプラスして勉強すると、少しずつではあるけど、いつもよりも前へ進めるということです。みなさんも、試験当日、自信を持って試験にのぞめるように「プラスの努力」を大切にしてがんばってください。
最後に、最後まで支えてくれた方々、丁寧に教えてくださった先生方、本当に有難うございました。


2016 土佐塾中学合格  T・M君


ぼくは、この塾のおかげで、私立中を受験できました。
ぼくは五年の終わりの3月に、この塾に入りました。
追いついて、受かるかどうか、不安でしたが受かりました。
ぼくは、この塾で一番おもしろい野外学習のことをお話しします。
この学習は、あそんで、ふれ合うことが目的なので、つねに遊んで楽しめます。
去年(2015年8月に行われた野外学習)では、うきつ(大方)の海水浴場へいって遊びました。
ここではふだんふれ合えない人たちとふれ合うことができました。
これから、中学を受験するみなさん。
この塾で、思うぞんぶん力をのばしていってください。


2016 土佐女子中合格  A・Oさん


私がてらしんに入ったのは五年生の終わりぐらいです。
入塾したときは、ここで勉強が追いついていけるだろうかと不安でした。入塾して毎週行われるテストの点を見ると、案の定いつも下位でした。たまに、上位をとることもありましたけど・・・。下位の自分を見ると、受験やめようかなと思います。
しかし、先生のやさしい指導を受け、テキストの内容がよく分かり、理解して勉強ができます。(時々、理解してない時もありました。先生ごめんなさい。)
私はあきらめずに勉強しました。その結果、志望校に受かりました。いい結果が出て、とてもうれしかったです。てらしんに通って良かったなと思いました。先生、ありがとう!感謝します!
志望校に行きたい人はてらしんをオススメします。まぁ、結果がハッピーエンドになるかは自分しだいです。受験者のみなさん、がんばってください!!


2016 国立高知高専合格 Y・T君


僕は中学校一年の時からこの塾に通い始め、今まで勉強してきました。正直、最初の頃は宿題の量も増え、寝る時間も遅くなるので大変だなぁと思っていました。それでも、いつか来る高校受験のためにコツコツ積み重ねて勉強していくことが大事だと思っていたのでがんばろうと思いました。
そして受験生になり、いろいろ不安もあったけど高知高専を受験することにしました。受験に受かるという目標ができて勉強していくうちに、僕は新しいことを学ぶのが楽しくなっていきました。問題を解くのが楽しいと感じるようになったので、受験勉強が「苦」じゃなくなりました。そして僕は高知高専に受かることができました。僕はいま、塾の先生方にものすごく感謝しています。僕がこの塾に通っていなかったらたぶん高専には受かっていないと思うからです。
僕は受験の時、一つのことを強く感じました。それは「人は何か目標があると、その目標のために一生懸命になれる」ということです。
勉強は「楽しい」と感じてやることが大事だということをこの受験の一年で学びました。


2016 中村高校合格 M・Tさん


三月十四日午前九時、合格発表日であるこの日、いつも休みの日はお昼近くまで寝ている私ですが、この日だけは早起きをして、学校の玄関前で発表を待っていました。
私がこの塾に入ったのは、中学二年の五月頃でした。この頃の私は、正直言って受験を軽い気持ちで考えていました。しかしいざ三年になり、受験生となると、周りも受験モードになり、私も自然とあせりと不安が出てきました。そんな中、先生方は私の苦手な単元を見抜き、そこを中心に指導して下さいました。また、受験直前には時間制限を設けたり、総合問題や過去問を解くことで、本番と同じような環境で学習することができました。そんな熱心な先生方のおかげで、私は志望校に合格することが出来ました。もしだめだったら、塾を辞めないといけないと思っていましたが、無事辞めずに済みました(笑)
最後になりましたが、先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。


2016 横浜薬科大学薬学部合格 M・Kさん


私がてらしんに入塾したのは高校一年の冬頃だったと思います。
最初は勉強についていけるか不安でしたし、進路もはっきりと決まっておらず、なんとなく通っていました。ですが、先生方の優しく丁寧な指導で自信がつき、目指す進路についても真剣に考えられるようになりました。入試の過去問など、解いていく度に少しずつ点が上がっていって嬉しかったです。大きく変化はできなかったけど、着実に力はついているんだなと感じました。
受験に向けて小論文の対策もしてくれ、受験ではこの時に出してもらったテーマと似た問題が出たので、あせらず書き上げることができました。結果、志望校に合格でき、本当に良かったと思っています。
受験は終わりましたが、まだまだこれからが本番だと思って頑張ります。最後になりましたが、先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。


2015年度

2015 県立中村中学合格 M・Dさん


私がてらしんに入ったのは小学五年生の初めごろでした。私は小四のとき「県中に行きたい」と思いました。受験勉強をしようと思いましたが(まだ小四だからいいか)と思い、マイペースに過ごしていました。
小五になると、少し「受験」についての意識が高まってきて、てらしんに入りました。
塾で一番最初に受けたテストはとても難しく、返ってきたテストを見て(やばっ!)と思いました。テキストにも、聞いたことがない計算の名前や言葉などがたくさんあって、頭が良くなっているのか、そうでないのかも分かりませんでした。
六年生になると、「あと何日」と、受験までの日数のカウントが始まりました。
冬期特訓はかなりハードでした。
ラスト30分では、文字を見るのもいやになっていました(笑)
受験当日、私は全力を出し切って受験にいどみました。そして合格発表の日、自分の受験番号を見つけたときはとてもうれしかったです。合格できたのは先生のおかげだと思います。ありがとうございました。


2015 県立中村中学合格 R・W君


僕がてらしんに入ったのは小4の時でした。バスケットをしていた先輩に勧めてもらって入りました。はじめは何となくやっていたのですが、月例テストや週テストが行われていくなかで、同級生・先輩達との競争があり、負けたくないという意識が芽生えてきました。
テストは、自分がどれだけ努力したかが的確に分かりました。そして自分の納得がいかなかった結果なら、次には覚え方やがんばりを変えてみて挑戦しました。また、結果の良かった時は次への自信に変えていきました。
何となく通っていた塾も、今となっては僕にとってかかせない、かけがいのないものとなっています。
僕は、家で勉強するより塾で勉強するほうが集中できました。そして何より自分のスピードに合わせてくれる塾というのは自分にとってすごく得になりました。
みなさんも塾に通えたり、勉強できたりするのはすごく幸せな事なので、その事を心に刻み、感謝しながら過ごしましょう。


2015 県立中村中学合格 M・Dさん


私は、小5の4月からこのてらしん塾に入りました。はじめは、勉強ができるわけではなく、できないわけでもありませんでした。でも今は、クラスでもできるほうだと思えます。それは多分てらしんの勉強のおかげです。
てらしんの勉強は、私にとっては少し難しいこともよくあるけど、そのたびに先生が具体的に分かりやすく教えてくれます。だから理解しやすく、少し難しい問題も前より解けるようになった気がします。勉強がおもしろいと感じることも増えました。
受験の時に出たテストの問題は、てらしんでやった問題によくにていました。それに今まで、どう役に立つか分からなかった週テストも、とっても役に立ち、びっくりしました。この塾に入っていてよかったと思います。


2015 県立中村中学合格 M・Aさん


私がてらしんに入ったのは小学四年生でした。入った時から先生は、やさしく指導してくださって、みるみる力がついていきました。
小学六年生になった時から、「受験」という言葉を多く聞くようになっていきました。
塾では九月から本格的に受験勉強が始まり、適性検査対策や、いろんな中学校の入試問題、作文などといった取り組みを多くしました。
受験当日は、あまりきん張することなく迎えることができました。なぜなら試験の問題も塾でやった問題が出ていて困ることがなかったからです。
合格発表の日に「4077」という数字を見たときはすごくうれしかったです。
てらしんに入ったときから、勉強がすごく楽しくなりました。
最後ですが、二人の先生、マイペースな私にも、根気強く教えていただきありがとうございました。中・高ともいろいろとお世話になると思いますが、これからもよろしくお願いします。


2015 土佐高校 / 近畿大学附属広島高校東広島校・ADⅡ合格  S・O君


僕はあまり勉強が好きではありませんでした。
それでも、今回合格できた理由を先生方のご協力以外に求めるのなら、僕がこの塾を小学校5年生のころから五年間やり続けてきたという事だと思います。
確かに塾を続けることは決して楽では無いし、続けることに疑問を持つ事もあります。
けど合格発表の日、自分の番号があるのを見て、「今まで続けてきたことは無駄ではなかった」と感じました。今でもその時のことを鮮明に思い出せます。これはずっと続けてきたからこそ感じることができたのだと思います。
何回か友達に「塾に行っているから頭が良い」と言われましたが、これは違うと思います。
何事も続けるからこそ成し遂げることができる、僕はそう思います。
最後になりましたがここまでご協力してくださった先生方、
そして塾に行かせてくれた両親に、感謝を。


2015 愛媛大学理学部合格 S・Yさん


私がてらしんに入塾したのは、高校に入学したばかりのころでした。
中学のときは部活一筋だったので、高校では勉強を頑張ろうと思っていましたが、最初は何をすればよいか分からなく、あまり成績はよくなかったのを覚えています。
でも、てらしんの先生方の3年先を見通した熱心なご指導のおかげで、偏差値は最大で20も上がったり、学年で1位をとることができたりと大きく成長することができました。
結果としては、私は希望の進路に行くことは叶いませんでしたが、このてらしんで積み上げた3年間は私にとって一生モノの”力”になってくれたと確信しています。
最後になりましたが、先生方、本当にありがとうございました。


2014年度

2014 高知中学合格 R君


僕は塾に入る前までは勉強がきらいでした。でも、なぜか急に物足りなくなり、そしててらしんへ入りました。
塾の勉強は学校の勉強よりむずかしくて無理だと思うときもあったけど、先生にいろいろ教えてもらうと、学校で習っていたことを使えばできる問題だったと気づいたりしました。それでも分からないときは先生に
「わかりません」
と言って、どんどん教えてもらい、どんどん覚えていきました。
そしたら、今まで変わりなかったせいせきが、ある時からとつぜん、ぐぐーんと上がり、学年でもビリから数えたほうが早かった僕が、上から5番までの中に入るようになり、今では1-3番の人達のなかに入ることができ出しました。
塾では、勉強だけでなく「がんばってやれば成果が出る」ということも、教わりました。


2014 高知学芸中学/岡山中学/帝京冨士中学合格 Nさん


私は小学三年生の時にてらしんに入りました。その時は中学校受験のことはほとんど考えていませんでした。私が本気で受験を考えるようになったきっかけは五年生の時です。一学年上の先ぱい達が必死に受験勉強をしている姿を見て、私も受験してみようかなと思いました。地元の県立中学か私立の中学かで迷ったけど、本気で受験勉強を始めた6年生の春からは、結局私立の中学を受験することにしました。受験勉強は、過去問を解いたり、週テストをしたりと忙しかったです。でも途中でやめずに今まで続けてきたから、本命の高知学芸中に受かったんだと思います。
これから中学校に行ってもいろいろなことを最後まで続けていきたいと思います。私はとりあえず受験をやってみることが大切だと思います。自分が努力してつかみとった合格は一生心の中に残り続けるはずです。四年間、志望校を変えたり色々なことがあったけどずっと見守って下さった先生方ありがとうございました。


2014 県立中村中学合格 Sさん


私がこの塾に入ったのは小学六年の四月の終わり頃でした。入る前までは進研ゼミをやっていたので受験は大丈夫だと思っていました。でもどんどんテストの点数が悪くなってきたので、それが塾に入ったきっかけです。
初めて塾に行った時は、周りがすごく頭の良さそうな人ばかりだと感じました。難しい問題もたくさんありました。
(私はこの塾に来ない方が良かったかもしれない。)
という気持ちにもなりました。でも先生達が分かりやすく教えてくれるので、間違えた問題や分からない問題があっても、教えてもらった後にはすっきりしていました。
受験当日、朝には今まで塾でやった作文を振り返りました。
作文も適性検査も塾でやった問題が出たので、すらすら解くことができました。合格と聞いた時は今まで味わったことがないくらい嬉しかったです。もし私が塾に入っていなかったら受かっていなかったと思います。ありがとうございました。


2014 県立中村中学合格 J君


僕がてらしんに入ったのは受験をひかえているにも関わらず、まだ、何の対策もしていない六年の四月でした。その時は、
(受験にはどのようなことをすればいいのだろう)
と迷っていたのだけど、てらしんに入ってみれば、先生のとても分かりやすい教え方のおかげで今まで苦手だった計算もすらすら出来るようになっていきました。
そしていよいよ受験の時、Aは良くできたと思い、Bをやると、てらしんでやったのとほぼ同じ問題が出て来ました。
(これには本当にびっくりしました!)
そして僕は合格しました。


2014 県立中村中学合格 Aさん


私がてらしんに入ったのは五年生の三月頃です。姉が県立中村中学校に通っている事もあり、随分前から受験してみたいなと思っていました。しかしそう思ってはいても、自分から受験勉強をする気にはなれませんでした。だから母がてらしんを勧めてくれた時も本当は嫌だったけど、友達も通っているという理由だけで入塾してみる事にしました。
私は初めて入った時、想像していた雰囲気と全く違うことにとても驚きました。それに、他の塾と違うという事にもびっくりしました。てらしんの「自分に合った勉強の仕方」、それは私にとってピッタリの勉強法でした。
だから、テストの成績も上がり、月例テストで総合一位を何回かとった時はとてもうれしかったです。そして、合格発表の日、自分の受験番号が目に入りました。月例テストで一位をとった時より、更に何十倍も嬉しく、家族と一緒に喜び合いました。合格できたのも先生達のおかげです。本当にありがとうございました。


2014 県立中村中学合格 M君


僕がてらしんに入ったのは六年生の初め頃です。
僕は最初、塾に入るのは正直いやだなと思っていました。でも、行ってみると、イメージと全く違い、先生も優しそうだし、教室も塾とは思えないほどきれいでした。
以前通っていた塾は授業形式で、分からないところとかも聞けず終わってしまったり、ついていけなくなったことがありました。けどてらしんでは個別指導なので自分の出来ないところを出来ないままで終わったりすることはなく、ゆっくり教えてもらう時間があったので、分からないところも分かるようになりました。
受験当日はとても緊張しました。でも(やるだけのことはやったんだ)と思い、落ち着いて受けることが出来ました。
合格発表の日、僕は友達と見に行きました。そしてお互いの番号が合ったとき、二人でとても喜びました。そのとき僕はてらしんにしてよかったと思いました。


2014 近畿大学工業高専合格 Y君


僕がてらしんに入ったのは中一の秋頃でした。入ったときは学校の勉強が追いつけてなくて、塾での勉強も追いつけられなくて、塾からの宿題もあんま出来なくて、
「あぁ、こりゃだめだ・・・」
と思うことがちょくちょくありました。
でも先生方の指導で、第一志望校に合格することができました。
特に受験前の近大高専の過去問対策をしてくれたことと、受験出発前日の先生方が送り出してくれた言葉で、受験を乗り切ることができました。
僕みたいにやる気にムラがある生徒でも、指導してくれて、本当に感謝で胸がいっぱいです。両先生、本当にありがとうございました。


2014 中村高校合格 R君


僕がてらしんに入ったのは中学二年生でした。自分は勉強は嫌いでしたが、受験のことなので一生懸命がんばることにしました。
受験では入試の点数が取れるだけではダメで、学校での態度なども関わってきます。後輩のみんなは、少しでも合格に近づくように授業態度だけは良くした方がいいと思います。また、勉強も両立させて、基礎問題の2/3以上は解けるようにした方がいいと僕は思います。
僕は勉強が嫌いなので受験が近くなるまであまり頑張れず、近くなって一生懸命し始めてもあまり入らないものだと実感しました。僕はおそらくギリギリ合格しましたが、後輩のみんなは僕みたいに勉強が嫌いでも後悔なく合格できるように計画的に頑張ってください。
後輩のみんなが合格できるように願っています。


2014 中村高校合格 T君


僕は元々あまり塾に行きたくないと思っていました。しかし中学二年生の頃、段々学力が下がっていき「これはやばい」ということで、このてらしんに入りました。当時の僕は塾でやれることは家でもできると思っていたので、最初は嫌々で塾に通っていました。
でも先生の指導によって次第に勉強が分かるようになり、塾に通うことが楽しくなってきました。学校のテストでは上位をキープできるようになり、満点をとることもありました。そして前期選抜で中村高校に合格することもできました。てらしんに通ってなかったら落ちていたかもしれません。先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


2014 中村高校合格 Mさん


本格的に受験勉強を始めたのは、入塾してまもなく部活を引退した時からです。
塾と学校を両立することができました。
塾では自分の苦手なところを重点的に教えてもらったので、受験する前に克服することが出来ました。先生方のお陰で合格できました。ありがとうございました。
私が受験勉強をすることで学んだことは「続けてする」ということです。
将来の夢に一歩近づいたので、実現できるように、続けて今以上に努力していきたいと思います。


2014 高知大学/龍谷大学/広島修道大学合格 Mさん


私が受験に焦りを感じ始めたのは、とても遅い時期だったと思います。
その分頭に詰め込むことが多くて、私1人では決して受験を迎えることができなかったです。なので、2人の先生方にはとても感謝しています。
勉強が好きではない私が、継続して勉強する力を持つことができるようになりました。
センター試験では、思うような結果をとることができず、先生方にとても申し訳ない気持ちでいっぱいで、落ち込んでいました。
それでも最後まで2次対策をしてくれたおかげで、自信を持って試験に挑むことができました。
本当に優しい先生方でした。短い間でしたが、今までありがとうございました。


2014 幡多看護専門学校 社会人入試 Iさん


私は、高校卒業後10年間会社員として働いてきました。妻が看護師として働いていることもあり、数年前より自分も看護の仕事がしたいなぁと転職を考えるようになりました。看護師になるためには専門学校に行かなければならないので受験勉強を始めたのですが、まったく分からず、自力での勉強に限界を感じていました。そんな時、手を差し伸べて頂いたのがてらしんのお二人の先生です。私が専門学校を受験したいので勉強を教えて頂けないでしょうかと相談したところ、社会人にも関わらず、お二人の先生は快く引き受けてくれました。てらしんは進学塾ということで授業について行けるのかと心配していましたが、個別指導ということで1人1人に合った授業をして下さいました。又、受験対策や面接対策など、こと細かく資料を準備して頂きとても参考になりました。そして受験日の前日には注意事項等もご指導頂き、見事志望校に合格することが出来ました。志望校合格を一緒になって喜んで頂き、お二人の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
なかには自分と同じ様に転職を希望されている方がいると思います。その様な方は一度てらしんにご相談されてはいかがでしょうか?必ずや力になって頂けるはずです。自分の体験を通じて断言することが出来ます。お二人の先生方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

2013年度

2013 ラ・サール中学/愛光中学合格 S君


僕がてらしんに入塾したのは小学三年生の時だったと思います。その頃は、転校し、学校の授業もつまらないものでした。そんな時、美容院でてらしんの広告を見て、なんとなく入ることにしました。
塾での勉強は、解けそうで解けないようで、よく考えると解ける問題ばかりで、とても楽しかったです。また解けない問題も先生のアドバイスで解けるようになり、塾での勉強は楽しくて夢中になって励みました。
四年生の頃から全国規模のテストを受けるようになり、灘中かラ・サール、愛光といった難関校への受験を考えるようになりました。受験校が決まった頃からは楽しいだけの塾ではなくなりました。しかし辛い時なども両親や塾の先生に支えられ頑張ることができました。そのおかげでラ・サールと愛光に合格できました。これも勉強の楽しさを教えてくれた、てらしんの先生方のお陰だと思っています。今後もご指導よろしくお願いします。


2013 土佐中学/済美平成中学/帝京冨士中学合格 Yさん


私は小4の時、兄が中学受験をするまで、私に受験なんぞ恐れ多い!と思っていました。でも兄が受験に合格した時、ipodを買ってもらっているのを見て、(おお!!私も受かったら買ってもらえるのだろうか!?)と思い、めちゃめちゃ不純な動機で始めた受験勉強でした。(今考えるとめっちゃ不純やな!)
そんなとき土佐中のことを知り、てらしんで勉強していて7割ぐらい「自分の行きたい学校に受かりたい!」と思い始めました。(3割はまだご褒美目当て)
それからの辛かった日々は飛ばして飛ばして、土佐中合格発表の日!自分の受験番号の「54」を見た時、めっちゃ嬉しかったです。
合格したときの嬉しさは体験しないと分からないものです。でも不合格だったから無駄になるって事もないです。
努力の先が地獄か天国か分からないけど、やるに越したことはないと思うよ~~!!


2013 県立中村中学合格 R君


僕は小学四年の初めあたりに塾に入りました。まずは勉強でみんなの足を引っ張らないようにと母に勧められて、きん張しつつも勉強をしてきました。
年を取っていくにつれて、受験という言葉を聞くようになりました。受験シーズンになり、県立中村中学校を受験しようと決め、ラストスパートに入っていきました。
入学しようと決めた中学校は、作文などを中心に勉強していくと効率よく受験勉強ができると思います。
作文の力をどんどん身につけていき、適性検査もプラスして勉強をしてきました。
受験当日はとにかくきん張しましたが、ベストをつくして受験しました。結果は合格でした。学校のクラスでは半分以上の人が県立中村中学校を受けたけど、男子で受かったのは僕だけなので不思議に思いました。そして塾の先生が熱心に教えてくれたからなのだと感じました。
何回も何回もちこくしても合格できたのは、両親や、先生達が勉強をわかるまで教えてくれたからだと思います。本当にありがとうございました。


2013 法政大学/愛媛大学/龍谷大学合格 S君


受験に焦る気持ちからこの塾にきました。
なぜこの塾かと言われればあまり覚えていないのですが、先生達の第一印象は覚えています。若かったです。イメージの3倍ほど。美男美女でどうしようかと思いました。そして教え方もとても分かりやすかったのですが、慣れていくにつれ先生の欠点に一つだけ気づくようになりました。それは印刷がとても下手だということです。
すごく下手でした(笑)一度、紙の左半分と右半分で90度の傾きが生じているという事故まで起こりました。どうやったら90度も変わるのでしょうか?是非、印刷の練習頑張ってください。
ですが、自分は先生がどんなに印刷が・・・でも、この塾で勉強するのが楽しく、好きでたまりませんでした。好奇心を育てられた成功例と言えるでしょう(笑)
念願の法政大学に合格したことについては本当に感謝しています。この塾以外なら無理だったと思っています。
自分は我儘で主張も強く、相当な迷惑をかけました。勉強の醍醐味を教えてくれてありがとうございました。


2013 広島修道大学/広島経済大学合格 H君


塾に入ることに意味はあるのか?
そういう疑問を持つ人も少なくはないでしょう。実際、僕も初めはそう思っていました。確かに学校の授業、部活の終わった後に行くのは抵抗があることでしょう。
しかし、てらしんに通った意味はありました。
何故か?
僕自身の学力とやる気というのは大変低いものでしたが、今、こうして志望校に合格することができました。それは塾に通い、進路に向けて指導してくださった先生方のお陰です。もし通っていなかったら、今頃、身の振り方に頭を抱えていたでしょう。
「塾に通う」というのは学校に行くのとは違ってきますし、学校の先生とは違う進路の意見や現状を聞き、知ることができます。
人生全てが勉強というわけではないですが、必ず社会の中で要るものです。
これを読んでいるあなたもいかがでしょうか?


2013 神戸女子大学・短期大学/城西大学合格 Mさん


私がこの塾を選んだ理由は個別指導というところに魅かれたからです。実際に入塾してみると、それぞれの勉強速度に合わせた指導をしていました。それまでの私の中での「塾」のイメージは、やらされている感があったのですが、てらしんは自分から進んで学べることができる塾でした。
マイペースな性格で、めきめきと勉強の成果があらわれた自分ではありませんでしたが、先生達は最後まで指導してくれました。
「受験は団体戦」という言葉があります。勉強は1人でするものですが、私はこのことを実感しました。
思うような結果が出ず、精神的に辛かった時があります。
その時にてらしんで先生にかけてもらった言葉で私はもう1度自分を奮い立たせることが出来ました。先生の言葉が切り替えのスイッチとなりました。
私は塾の先生をはじめ、親、友達などたくさんの人に支えられてきたから合格をつかむことができました。
私は過去に戻ったとしても自分に、てらしんに入ることをおすすめするくらい、この塾にしてよかったと感じています。今までお世話になりありがとうございました。


2013 幡多看護専門学校合格 Y君


今思うと、てらしんにはとても長い間お世話になりました。最初は親に言われて仕方なく塾に入りましたが、あっという間に毎週の塾を楽しみにしている自分がいました。
でも自分は塾を休むことが多くありました。そんな僕に先生達はいつもと変わらない笑顔で対応してくれましたね。
特に数学のテストで先生が褒めてくれたりすると本当に嬉しかったです。僕は本当に数学が苦手・嫌いでしたが、今となっては好きになっています。
一度、先生にかなり怒られたことがありましたね。宿題もろくにしておらず、塾でのテストも悪い点ばかりとる自分に、先生は真正面からぶつかってきてくれました。
自分のなかでこの時から180度意識が変わりました。これまで自分は一生懸命対応してくれている先生達を裏切っていたんだなと思い、深く反省しました。
目指していた進路先に合格し、本当にこの塾、あなたたち二人の先生に出会えて良かったと思っています。 「感謝」 この二文字しか浮かびません。本当にありがとうございました。

2012年度

2012 国立高知高専合格 T君


僕はてらしんに中3で入りました。そのころはそこまで頭も良くなく、特に苦手な数学はひどいものでした。でも、入塾してから一ヶ月が経ったある日、ある変化が起きました。それはいつも50点から60点の間しかとれなかった数学の実力テストで80点がとれたことです。僕はこんなに変わるとは思っていなかったので正直びっくりしました。その後、以前より集中して塾で勉強していくうちに、なんと数学の単元テストで100点をとることができました。 僕はあまり努力ができない性格でしたが、てらしんに入ってからは成績も右上がりに上がっていき今では国立高専という理数系の高校に合格することができました。僕はてらしんに感謝の思いでいっぱいです。 もし、成績をあげたい、志願する学校に受かりたいと思ったらぜひこのてらしんで頑張ってみてください。必ず、成績があがります。


2012 県立中村高校合格 Nさん


わたしが塾に入ったのは、中2の夏でした。高校受験のために、とにかく塾に行ったほうがいいと思い入りました。初めての塾で緊張も多少しました。毎週毎週の塾が嫌で、行きたくない日も数多くありました(笑)。 でも、中3に入ってからは、受験モードになって、先生もより丁寧にしっかりと教えてくれました。私も、最初の頃とは違って緊張もしなくなり、楽しく塾に行くことができました。 その結果、合格発表のときに私の番号はありました。嬉しくて、すぐ先生に電話をしました。先生の声を聞いた瞬間、涙があふれてきました。 最初のほうは、本当に力がついてきているのかなと不安になった時もありました。でも思っていた以上に力はついています(笑)。改めてありがとうございました。本当に、先生方には感謝しています。てらしんで良かったです。


2012 宿毛工業高校合格 M君


僕がてらしんに通い始めたのは中二ぐらいからです。塾では自分の苦手な数学と英語を頑張りました。この塾に通っていくうちに、日々目に見えて学力が向上しているのが分かりました。
受験の日、自分ならできると心に言い聞かせ臨みました。苦手な教科を克服できていたので、自信を持って問題に取り組めました。
そして合格発表の日、自分の受験番号があってすごくうれしかったです。先生方、本当にありがとうございました。


2012 宿毛高校合格 K君


僕は3年生にてらしんに入って、勉強を熱心に取り組んできました。
最初の点数は、やばいほど低い点数でしたが、受験のため、また、これからのために塾に入り、一生懸命勉強をがんばってきました。そのかいもあって学校のテストも、後半、僕にとってはなかなか良い点数をとれてきて、だんだんとテストをすることが楽しく感じてきました。
先生もやさしく教えてくれたので、勉強をあきらめず楽しくできました。
僕は高校受験を第一志望で合格しました。
合格を聞いたとき、僕は泣きそうになりました。これも先生方のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

2011年度

2011 県立中村中学合格 K君


僕がてらしんに入ったのは六年生の四月でした。キッカケは春休みに塾に入りたいという友達にちょこっとついて行ったことです。以前に行った塾はハイレベルで僕にはついていけませんでした。そして最後に行ったのがてらしんです。てらしんはとても塾という感じがしませんでした。見た目がとても優しそうな二人の先生ですぐに入ろうと決めました。
てらしんは他の塾と違って自分に合った勉強ができます。さらに学校よりも宿題が多くなくてやりやすいです。この塾なら受験もがんばれると思いました。
そして受験のとき、僕はとても緊張しました。
しかし(不合格でもやり残したことはない!)と思いました。
母の口から知人が合格発表を見てくれ、合格していたよといわれました。合格していてとても嬉しかったです。
受験に自信がある人もない人もこの塾に入れば合格への近道になると思います。そして二人の先生、ほんとうにありがとうございました。


2011 県立中村中学合格  S君


僕はこれまで勉強に自信がありませんでした。
ある日、母と父が「受験やってみたら?」と言ってきて、最初は母と父の機嫌をとるのにちょうどいいと思い、受けようと思いました。でも勉強がきらいな僕は、このままの状態で受けても受からないだろうと思い、母に相談するとてらしんを見つけてきました。それがこの塾に入ったキッカケです。
初めの頃、塾に行ったことのない僕は、どんな難しいことをするんだろうと思い、不安でした。でもいざやってみると、先生はわからないところをうまく教えてくれるし、作文でとてもほめてくれたりと、楽しいことがたくさんありました。それで自分に自信が持てました。
受験の日、(僕はできる)と心に言い聞かせ、どうどうと入っていきました。テストや作文も落ち着いてしっかりやることができました。
そして合格発表の日、おばあちゃんが喜んで電話をかけてきました。まさかほんとうに受かるとは思っていなかったのでびっくりです。
今思えば、僕はこの塾に入ってほんとうによかったと思います。この塾に入っていなかったら、ここまで落ち着いて受けることができなかったと思います。
先生方本当にありがとうございました。


2011 県立中村中学合格  Aさん


私がてらしんに入ったのは受験まで残り二ヶ月もない六年生の一月です。姉が中高一貫校に通っていたせいか、私もいつの間にかこの中学校を受けることになりました。
マイペースな私は、あせることを知らず、夏休みの大事な時期も特に勉強もしていませんでした。冬休みからだんだん危ないということに気づいて受験勉強を始めました。だけど、なかなか内容が頭に入ってこなかったり、役に立ってるかも分からない内容だったりと勉強法が分かりませんでした。
そして私は思い切ってそれまで通っていた塾をやめ、てらしんに入りました。分からなかったり間違ったりした問題は、理解するまで解けるまで教えてくれました。
そして受験当日、不安な気持ちを捨て、自信を持っていどむことができました。
合格通知が届いたときは、本当に飛び上がってしまいました。合格できたのも、このてらしんのおかげです。この塾に入って正解だったと思います。


2011 国立高知高専合格 K君


僕がてらしんに通い始めた理由は、中三になったらとりあえず塾に通おうと思っていたという簡単な理由でした。僕は塾に通うからには真面目に勉強したいと思っていたので、てらしんは僕にとってピッタリでした。
正直、宿題をするのが面倒でしたが、日々学力が向上しているのが分かるので頑張れました。とくに、英語と社会は苦手科目でしたが、それもなくなりました。
僕ははじめは家から近い公立高校を受験するつもりでした。しかし国立高専に進路を変更しました。その理由は高専の体験入学に参加してみて、高専に行きたいと思ったからです。
僕は学校長から推薦をいただき、推薦入試を受けることになりました。その内容は作文と面接でした。
作文は書き方が全く分からず不安でした。でも先生が書き方を教えてくれたおかげで、自信満々で受験することができました。
そして見事合格!!
そのときの喜びはとてもとても大きなものでした。
てらしんを選んで本当によかったと思っています。先生方、本当にありがとうございました!!


2011 西土佐分校合格 S君


えーまぁ、てみじかに書きますが、俺は塾にあんまり行きたくないなと、最初思っていました。でも中学三年というじかくを持って行くことにしました。
てらしんは俺の塾のイメージとは違い、楽しく、勉強にはげむことができました。そして高校にも合格できて、勉強面では前の俺とは違います。
学校の先生たちも、なんかびっくりしていました。
合格できたのは先生方のおかげです。いままで本当にありがとうございました。
てらしんに入ってよかったと思います。